AGA治療について

AGAとは男性型脱毛症のこと。進行性なので早めのケアが大切です。

AGAとは、男性に最も多くみられる脱毛症で「男性型脱毛症」の略です。

AGA

AGAは、他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方からうすくなり、進行していくのが特徴です。

細くて短い髪の毛が多くなり、全体としてうす毛が目立つようになります。一般的に、DHTや遺伝が関係するといわれています。

※DHTとは「ジヒドロテストステロン」の略で、AGAの原因物質です。

また、AGAは進行性で何もしないでいると徐々に進んでいきます。

進行を抑えるためには早めのケアが大切です。AGAについて医療機関で相談できる時代です。

うす毛・抜け毛が気になっているなら、あきらめる前にお気軽にご相談ください。

AGAの治療について

AGAの治療薬には、飲むタイプと頭皮につけるタイプがあります。

当院では、飲むタイプで「プロペシア錠(フィナステリド)」(保険適用外)という治療薬を扱っております。髪の悩みについて、お気軽にお問い合わせください。

AGAの内容・治療、および料金に関するお問い合わせ先

形成外科まで