睡眠時無呼吸症候群

診療時間:月曜~金曜(平日)9:00~12:30/14:00~16:00

しっかりとお話をお聞きしたいので、16時までに受付をお済ませください。

こんな症状ありませんか?

  • ちゃんと寝てるのに、日中に耐えられない眠気がある
  • 睡眠時に指摘されるほどの大きないびきがある
  • 睡眠中、呼吸が止まっている時間があると周囲から指摘される

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)と呼ばれ、様々な原因により睡眠時に呼吸が止まってしまう病態です。

呼吸が止まると血液中の酸素濃度が低下するために覚醒し、再び呼吸し始めますが眠りだすとまた止まってしまいます。一晩中繰り返すために深い睡眠がまったくとれなくなり、日中に強い眠気が出現したり、集中力や活力に欠ける状態になります。

そのまま放置していると、眠気により様々な事故に繋がったり、低酸素状態が続くことで心臓や血管に負担がかかり、高血圧・心筋梗塞・脳卒中・生活習慣病などのリスクが増加します。

南ヶ丘病院ではCPAPを使用した睡眠時無呼吸症候群の治療を行っています。

CPAPを使うことで熟睡できるようになり、日中の眠気が取れることで活力や集中力が高まり、原因の解消へと向かうお手伝いをします。

CPAPとはなんですか?

CPAP(シーパップ:Continuous Positive Airway Pressure)とは鼻に装着したマスク(もしくは鼻から口を覆うマスク)から空気を送り込むことにより、ある一定の圧力(陽圧)をかけ、気道の閉塞を防ぐ方法です。

CPAP治療の流れ

  • 初診・診察

  • 検 査

    • 簡易携帯検査:計測機械をつけてご自宅で測定します。より詳細な精密検査が必要となる場合があります
    • 終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG):一泊入院で終夜睡眠ポリグラフ検査をします。当院で検査できます。
  • CPAPの必要性の有無・生活習慣の改善などのアドバイス

    • 高血圧や動脈硬化の治療など…
    • 減量などを応援
  • CPAPをレンタルで利用する場合、月に1回 診察があります

    レンタルの場合、3割負担で月5,000円ほどの自己負担分になります。外来で発行されるレシートは医療費控除に使えますので大切に保管してください。

お問い合わせ