マイクロアレイ血液検査
(がん検査)とは?

マイクロアレイとは、がんなどに対する体の反応を遺伝子レベルで測定できる最新の技術です。

血液が、がん組胞に反応する状況を世界で初めて遺伝子レベルでとらえることができるようになりました。

これを利用した がん検査がマイクロアレイ血液検査です。

消化器系がんの早期発見に安全で感度の高い検査ですので、是非ご検討ください。

採血イメージ

高い感度

消化器のがんに対して9割の高い感度を示しています。

同時に検査できる

胃癌・大腸癌・膵臓癌・胆道癌が検査の対象となり、一度の採血で検査できます。

簡単な検査方法

この検査は1回の採血(5㎖)のみです。

安心できる検査方法

特殊な薬剤の投与がなく、X線被爆もありません。

マイクロアレイ血液検査のみの自己負担額は62,000円[税込]です(健康保険適応外)

※詳細な検査内容等については、お問い合わせください。

検査をご希望の方は、事前の予約が必要です

ご予約・お問い合わせは 健診受付まで

マイクロアレイがん検査 質問箱

マイクロアレイ血液検査とは?
マイクロアレイとはがんなどに対する体の反応を遺伝子レベルで測定できる最新の技術。これを利用して、血液ががん組胞に反応する状況を遺伝子レベルでとらえて判定するがん検査です。
金沢大学附属病院の金子教授らが2007年より臨床試験を開始し、実用化されたものです。
概念図
遺伝子情報が他人に知られる危険はありませんか?
この検査で、遺伝病などに関わる遺伝子情報が第3者に知られることはありません。
マイクロアレイ血液検査が判定できる「がん」の種類は?
胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がんを対象とした検査です。
マイクロアレイ血液検査の信頼性は?
消化器系のがんに対して、90%の感度があります。
(感度=がんがあると判定された際に、実際にがんである割合。および、がんでないと判定された際に、実際にがんでない割合)
この検査方法の中心となる新技術は消化器内科の専門医によっておこなわれた臨床試験で明らかにされました。 その研究成果は英文の科学雑誌(Biochemical and Biophysical Research Communications誌※)に掲載されています。
※Biochem Biophys Res Commun.2010 Sep 10;400(1):7-15.Epub 2010 Aug 2.Differential gene expression profiling in blood from patients with digestive system cancers.
検査で「がんになりやすい体質」がわかるのですか?
いいえ。
この検査は、すでにがんがあることを判別するためのものです。がんになりやすい体質を判別する検査ではありません。
この検査は一度だけ受ければ良いのですか?
検査は採血を行った時点での、がんを判定する検査です。おおむね1年ごとの、定期的な検査をお勧めいたします。
服用している薬で検査に影響が出ますか?
副腎皮質ホルモン、免疫抑制剤、抗癌剤、生物学的製剤(インターフェロン、各種ワクチン、血液製剤、インフリキシマブ)などの投与を受けている方は、判定に影響する可能性がありますので、お申し出ください。
降圧剤、糖尿病治療薬、高脂血症治療薬、ロキソプロフェンは判定に影響しません。
消化器以外のがんがある場合は影響しますか?
消化器以外のがんがある場合、陽性反応を示す可能性がありますが、その場所を特定することはできません。
検査はどのように行われるのでしょうか?
検査当日はご来院いただき、問診後5㎖の採血を行います。
当日は、他の検査が無い場合は絶食の必要はありません。
検査結果が出るまで、どれくらいの日数がかかりますか?
一ヶ月ほどで判定結果が出ます。
以前大腸ポリープがありましたが、検査に影響しますか?
ポリープ切除を行ってから2年以上経過している場合は検査可能ですが、内視鏡検査をお勧めします。
2年未満もしくはポリープの切除を受けていない場合は判定に影響しますので、他の検査方法などについて、当院にご相談ください。
がんの場所はわかりますか?
胃および大腸、膵臓、胆道と判別できます。
すべてに陽性反応が出て、判別できないケースが35%程度あります。
がんの進行度はわかりますか?
早期か、進行したがんかを判別できます。
検査で陽性と判定された場合はどうすればいいですか?
当院医師にご相談ください。専門の医師による精査をご案内いたします。
マイクロアレイ血液検査には、どれくらいの費用がかかりますか?
健康保険の適応となりませんので、費用は患者様の自己負担となります。
本院では62,000円(税込)で実施しています。