特定医療法人 扇翔会 南ヶ丘病院 TOPへ
理事長挨拶 院長挨拶 沿革・病院概要 担当医紹介 アクセス 求人情報 リンク
病院案内
診療科のご案内
診察の流れ
専門外来
検査設備
ドック・健康診断
メタボリックシンドローム
内視鏡治療
レーザー治療
 
各部署
看護部
診療技術部
リハビリテーション
 
介護事業所
訪問介護ステーション
ヘルパーステーション
通所リハビリテーション
居宅介護支援事業所
地域包括支援センター
地域医療連携室
介護予防サービス
訪問リハビリテーション
南ヶ丘予防介護通所リハビリテーション
 
支援事業所
デイサービス
 
お知らせ欄
広報活動
日本医療機関評価機構
 
個人情報の取扱
 
GO HOME
放射線技術科
スタッフ
 現在放射線技術科では、放射線科医1名、および 診療技師5名(男性3名、女性2名)が在籍しております。

 X線CT検査・MRI検査・超音波検査・マンモグラフィー他、一般撮影などの検査を即日検査をモットーに、患者様が安全に安心して放射線検査が受けられるよう、常に地域の患者様中心の医療に努めております。

 
 
検査機器
MRI -Magnetic Resonance Imaging

 MRIとは、磁気を利用して全身の輪切りの画像を撮る検査です。

 検査時間は、10~30分程度ですが、部位や検査内容により延長することもあります。
  また、ペースメーカー脳動脈瘤のクリップがある患者様は撮影できません。

 当院はSIEMENS社 MAGNETOM ESSENZAを導入しております。

MRI
CT -Computed Tomography

 この装置は、16断面が同時に撮影できるマルチスライス技術を搭載していますので、撮影時間の短縮が可能になります。

 患者様は寝台に横になるだけで、頭部・胸部・腹部など全身の断層像(輪切り画像)が鮮明に撮影され、また画像を再構成させることで立体的な観察が可能です。

 当院はSIEMENS社 SOMATOM EMOTION16を導入しております。

CT
超音波検査
 腹部・甲状腺・乳腺(女性技師担当)・頸部ドップラー(動脈硬化の指標に最適です)・心エコー(検査技師担当)など、多種にわたった検査を実施しております。
超音波
一般撮影

 X線を使って胸部・腹部・骨(腰椎、手、足など)などを撮影することを一般撮影または単純撮影といいます。

 当院では Fuji FCR PROFECT CS を導入しております。

 

FCR
マンモグラフィー

 マンモグラフィーは、乳がんを診断する方法のひとつで、乳腺・乳房専用のレントゲン撮影です。

 当院では、「マンモグラフィ検診精度管理中央委員会」より認定を受けた 女性技師 2名 が担当しております。

 撮影データはコンピュータに保存されておりますので、定期的な追跡診断が容易です。

マンモグラフィー
PACS

 撮影データはコンピュータに保存されておりますので、定期的な追跡診断が可能です。

 当院では画像(CT・MRI・CR・超音波・内視鏡)の一元管理を行っております。各診察室では患者様の画像データをコンピュータの画面に瞬時に表示でき、速やかに検査結果の説明をしております。

 
GO HOME
GO TOP