特定医療法人 扇翔会 南ヶ丘病院 TOPへ
理事長挨拶 院長挨拶 沿革・病院概要 担当医紹介 アクセス 求人情報 リンク
病院案内
診療科のご案内
診察の流れ
専門外来
検査設備
ドック・健康診断
メタボリックシンドローム
内視鏡治療
レーザー治療
 
各部署
看護部
診療技術部
リハビリテーション
 
介護事業所
訪問介護ステーション
ヘルパーステーション
通所リハビリテーション
居宅介護支援事業所
地域包括支援センター
地域医療連携室
介護予防サービス
訪問リハビリテーション
南ヶ丘予防介護通所リハビリテーション
 
支援事業所
デイサービス
 
お知らせ欄
広報活動
日本医療機関評価機構
 
個人情報の取扱
 
GO HOME
生活習慣病予防健診のご案内
当院は、全国健康保険協会生活習慣病予防健診の委託機関として承認を得ています。
生活習慣病予防検診

 「生活習慣病予防健診」は、全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入する本人(被保険者)の中で、
40~75歳(35歳~39歳の生活習慣改善希望者)までの方が対象になります。
 費用に関しても、国の一部負担があるため、一般健診・ドックより割安で受診することができます。

 内容も充実したものとなっておりますので、ぜひ当院健診担当部までご相談ください。

 日本人に多い病気は、「高血圧」「糖尿病」「動脈硬化による心臓病や脳卒中」そして「がん」などでいずれも重大な健康障害要因です。
 そして、これらの病気は、食生活、運動、休養、喫煙、アルコールなど、日頃のライフスタイルと密接な関わりがあることから「生活習慣病」と呼ばれています。

 生活習慣病は40歳代を境に増え始めますが、あなたの心がけ次第で将来の危険度(リスク)を大幅に少なくできるのです。

 生活習慣病予防には、まず自分の身体や健康状態に関心を持ち、理想的な生活習慣を保つこと、そして身近な病気や健診についての知識を深めておくことがとても大切になります。

 
 
健診を受けよう~健診はなぜ必要なのか~

健診結果に現れた異常の多くは、生活のゆがみを修正することで良くすることができます。

生活習慣病予防健診は、自分の生活習慣を見直す絶好のチャンス。

生活習慣病は未然に防ぐことができるのです。

 
 
健診結果の正しい読み方・活かし方

 健診結果は、単純に数値が正常か異常かをみるだけでなく、毎年の検査値の変化を読み取り、体の状態や体調の微妙な変化を把握し、あなたの健康づくりの道しるべにすることが大切です。

健診結果表はすぐに捨てないで、ファイリングするなどして保存するように心がけましょう。

 
 
検診項目
受診前にお願いしたいこと

①あらかじめ受診日の予約をお願い致します。

②生活習慣病予防健診申込書に記入し、事業主を通して協会けんぽへ提出してください。

一 般 検 診
診 察
服薬歴・喫煙歴
肝機能検査
AST(GOT)
計 測
身 長
ALT(GOT)
体 重
γ-GTP
BMI・体脂肪
ALP
腹 囲
腎機能検査
クレアチニン
視力検査
裸眼・矯正視力
糖尿病検査
空腹時血糖
聴力検査
1000Hz・4000Hz
痛風検査
尿 酸
血圧測定
収縮期・拡張期
血圧測定
ヘマトクリット値
尿 検 査
尿 糖
血色素数
尿蛋白
赤血球数
尿潜血
白血球数
脂質検査
総コレステロール
心電図検査
安静時12誘導
中性脂肪
胸部X線検査
フィルムレス
HDL-コレステロール
胃部X線検査
バリウム検査
LDL-コレステロール
便潜血検査
2日法
 
付加健診(40歳・50歳の希望者)
尿 検 査
尿沈査顕微鏡検査
血液学検査
血小板数
末梢血液像
生化学検査
TP
ALB
T-BIL
S-AMY
LDH
眼底カメラ
両 目
肺機能検査
フローボリュームカーブ
超音波検査
腹 部
その他年齢に応じて乳癌・子宮癌健診(希望で肝炎ウイルス健診)を受診することもできます。
健診の内容、および料金に関するお問い合わせは...
●南ヶ丘病院 TEL(076)298-3366(代) 担当:大岩 まで
 
GO HOME
GO TOP